ただの初デートで起った事件の話。

みなさんは、”初デート”は何歳くらいのときなのだろうか?

中学生?高校生?大学?・・・今や、「初デートは小学生のときだ」という人もいることだろう。


その一方で俺はというと、学生時代は真っ暗な部屋で、四隅に溜まったホコリを体育座りをしながら食べていたほど、スポットライトの当たらないような男であった。

そのせいもあってか、初めて女性とデートをしたのは、社会人1年目、23歳のときだ。
もはや10年近く前のことのため、彼女の顔は鮮明には覚えてないが小柄で、笑顔の可愛らしかった同い年の女性だった記憶がある。

 

初デートの場所は”水族館”であった。

 

今となっては、よくわからないが当時の俺は、『水族館(S)→動物園(D)→ベットイン(B)』という、2005年野球界に旋風を起こしていた阪神タイガースの勝利の方程式・JFKを彷彿させるような、SDBという”恋の方程式”を完成させていたのであった。

 

水族館は俺にとってのジェフ・ウィリアムス、まさに外れるわけがない。

そんな自信に満ち溢れていた。

 

そして、デート当日。

俺は、社会人1年目の記念に購入した10万円する腕時計をつけていった。

特に彼女に「この時計高いんだよ」と自慢をしたかったわけではない。

なぜだか、この時計をつけると自分に自信が持てていたのだ。

 

彼女と会うと、さっそく水族館の中を歩き回った。

 

f:id:taka19870704:20181222231422j:plain

 

施設内に所狭しと配置されていた水槽の中には、可愛らしい小魚から今まで見たこともないような深海魚がいたりと、二人で「キモス!キモス!カワユス!カワユス!」と盛り上がったことを覚えている。

 

一通り、水槽を見終わると、最後の方に『サメに触れられる体験コーナー』というものがあった。

彼女は、臆病な性格もあり、出川の「やばいよやばいよ」のような感じで、「こわいよこわいよ」と怖がっていた。


しかし、サメとはいっても、小さいサイズのもので、人に襲い掛かるような凶暴なタイプのものではない。

 

「ここは、俺が触ることで男っぽさをみせてやろう」

俺は、そう思った。


なんならば、そのサメを掴み取って、頭から喰ってやる勢いである。

女の子はいつの時代も、野性味溢れるワイルドな男が好きなのだ。

 

「まったく、怖がりだなあ、まあ、みててよ」

 

そう、怖がる彼女の前で、意気揚々と水槽に左手を入れた瞬間であった・・・。

 

水槽に手を入れた瞬間にすべてを悟ったのだ。

 

「あ、時計つけっぱなしやん」

 

そして、そのことに気づいたときには、すでに遅かった。

 

水につけた左手をあげ、すぐに時計を確認すると、彼は時計としての役割を終えていたのであった。

もはや、その姿は”腕時計”ではなく、”腕文字盤”だった。

 

「10、10万円の時計がーーーるヴぃあうrvぱうぱうぱうぱうぱう!」


と、心の中で、ぱうぱうと泣き叫び愕然とした・・・。

 

そんな俺の異変を察知したのか、彼女が「どうしたの?噛まれた?」と聞いてきたが、男が動揺を見せるものほどカッコ悪いことはない。

 

俺は「なななななななん、なんでも、なななないよう、うふふふ」と上手く動揺を隠すことに成功した。

危ない所であった。

 

今となっては、その後のことは覚えていないが、確かご飯か何かを食べた記憶がある。
しかし、俺のテンションの落ち具合は半端なく、その日は、すぐに解散したような気もする。

 

それからというもの、彼女とはなぜか上手くいかなくなり、そのあと「あたし、京都に旅行にいきますの」という言葉を最後に音信不通となった。

 

俺の腕時計は、時はおろか、彼女との恋もストップさせてしまったようだ。

 

以上が、俺の初デートの思い出だ。

今となっては、いい思い出なのかよくわからないが、俺は将来、息子や孫に「腕時計に防水は必須!」と厳しく言い聞かせていきたいと思う。