ただの今年の冬はダウンベストだからの話。

これからの寒くなる時期に向けて、「ダウンベスト」を買おうと決意した。

 


みなさんの中には「ダウンベストなんて絶対寒いだろ」「あれは救命胴衣だろ」と思われている方が多いことだろう。

確かに、腕部分の寒さは否めないし、あまりにボリュームのあるものを選んでしまうと、救命胴衣感が出てしまうことや、インナーとのバランスを考えなくてはいけないなど、なかなかオシャレ素人には手が出しにくい衣類のひとつである。

 

恥ずかしながら俺自身も昔は、ダウンベストを着ている友人に対し「袖をどこかに落としたんですか」とバカにしていたものだ。

しかし、ファッション業界では”やっぱり行きつくところはダウンベストだよね”という言葉があるほど、冬のオシャレアイテムとして一目置かれている存在なのは事実である。

なんならば、俺のようなファッションリーダーには必要不可欠なものだといっていいであろう。

 

「よし、俺は今年の冬にダウンベストを着るぞ」

そう心に誓った。

いや、むしろファッションリーダーとしてのプライドがそうさせたのだ。


さっそくネットで調べてみると、まさに値段はピンキリであった。

安いものは2000円台、高いものになると10万円を超えるものまであるようだ。

10万円のレベルのものになると、防御力+10くらいのステータス上昇効果が得られそうな勢いである。

もしかすると、俺が知らないだけで高級ダウンベストには、コードで繋ぐとゲームができたり、ブルーレイが見れたりする機能があるのかもしれない。

そうでなければ布の集合体ごときが10万円もするとは考えにくい。

 

もちろん、そんな高額ダウンベストを買えないことはないが、体の暖かさは得られても、代わりにその後の金銭事情は、極寒の如く冷え込むのは間違いないであろう。

デザインによっても値段の変化はあるものの、どうやら中に使われている羽毛などの素材によって値段の違いが出てくるようである。

きっと10万円するものは、伝説のポケモンから獲れた毛でも使ってるのだろう。

 


次にメルカリをチェックしてみた。

どういうわけだか知らないが、メルカリには新品未使用の衣服がゴロゴロしている。
中には同一商品のストックを大量に抱えている出品者までいるようで、「犯罪のニオイがする!」と毎回思いつつ見ている。

 

ダウンベストで検索をかけると、もちろんたくさん出品されていた。

そこで気になったのだが、出品者のコメント欄に”買ってみたものの着る機会がなかったので出品します”といった類のコメントをいくつか見かけたことだ。

考えてみれば、確かに着る機会というのもそうそうあるものでもないだろう。

毎日の通勤に着るようなものでもないし、ちょっとコンビニまでで着るものでもないように思える。

着るとしてもせいぜい友人と出かけるときに、少しのオシャレとして着るくらいだろうか。

 

そう考えると、買っても着る機会というのはせいぜいシーズンに3、4回くらいに思えてならない。

3、4回のためにお金を払う・・・。

ここまでくると「もういらないんじゃないか」とも頭によぎったが、「だめだだめだ、買うと決めたんだから」とすぐさま考えを改めた。

きっと、このオシャレファッションブログを運営しているプライドがそうさせたのだ。


結局、色々と悩んだ挙句「ナノユニバース」のダウンベストを購入した。

 

f:id:taka19870704:20180929175517j:plain

 

着ぶくれしない、デザイン的にもシンプルなどなど俺の理想通りのダウンベストだといっていいだろう。

ただ、「ナノユニバース」という悪しきメーカーは、着用モデルに日本人とは似つかないスタイルの良い外国人を使用しているため、実際の着てみると画像イメージと違う、といったことがこれまでも多々あったために少々不安である。


肝心のお値段は32000円であった。

お金の価値観は人それぞれであるが、俺にはとんでもない出費だ。

これから年末のかけて、話題のゲームの発売や、様々なイベントなどが控えている、ここで3万円もの大金を使っていいものか・・・。

しかし、すべてはオシャレのため、これかもらみんなのファッションリーダーとしてやっていくために必要な出費だ。

 

俺は決意を固め、カード一括払いで購入をした。

 

 

それからしばらく時間が経ち、購入した今になって思うと、なぜこんなにも、このときダウンベストに熱意を持っていたのか不思議である。

なんならば、こんなダウンベストを買わずに、32000円分のえっちな動画を購入して、
それを観ながら冬を過ごしたほうが、よっぽど暖かい気持ちで過ごせたのではないか?と思っている。


果たして、俺はこの冬にどのくらいダウンベストを着るのか、むしろ似合うのか、是非とも注目して見守っていて頂きたい。