ただの今後のモデル活動のために!の話。

普段、一切”体重計”というものに乗ったりすることはない。

だが、ここ最近太ってきたような気がしたので「あら、太ったかしら」と思い、久しぶりに体重計に乗ってみたところ、以前よりも+5㎏ほどになっていた。


あまり気にしていなかったが、よくよく見ると確かに最近、お腹が少し出てきたような気がしないでもない。

世間の30代のみなさんは、今更、お腹を引っ込めようだとか、体型をどうこうしようとは、なかなか思わないだろう。

しかし、ツイッターのフォロワーが現在4人という大人気ブロガーの俺ともなると、そういうわけにはいかないのである。

もしかすると今後は、その人気ぶりから執筆活動以外にも活躍の場を求められることが増えるだろう。

俺の180㎝に迫る長身、スラっと伸びた長い脚に目をつけた芸能事務所から、「第二の竹内涼真はキミだ!」とモデル活動の話があるかもしれない。

 

そんな話があるかもしれないのに、この”わがままボディ”のままでいいのだろうか。

いや、このままでいいわけがない。

「こんなお腹のままではダメだ、ダイエットだ」

そう決意を固めた。


脂肪を筋肉に変えるだとか、腹筋を6つに割るだとか、そういうことをするには大変な苦労を必要とするし、並大抵のことではないのだが、シンプルに”体重を減らす”ということだけを目的とするならば、そう難しいことではない。

 

ただ「運動をすればいい」それだけのことである。

 

しかしながら、普段の生活の中に急に”運動”を取り入れるのことは、そう簡単なことではないだろう。

それに運動とは言いながらも、できれば家の中でできるものが一番だ。

そこで俺は色々と調べた結果、「昇降運動」をすることにした。

 

これは、高さのある台を用意して、1時間ほどその台を昇り降りするだけという至ってシンプルな運動方法だ。
そして、この運動の一番の利点は、テレビを見ながらできるということである。

一見、いくらシンプルな運動方法とはいえ、1時間も昇降運動をするのは大変なようにも思えるが、テレビを見ながらだと、1時間だろうが2時間だろうが、あっという間なのだそうだ。

中でも30分で区切れるアニメを見ながらやるには丁度いいため、録画で溜まったアニメを消化しながら脂肪も消化できることから「アニメダイエット」として、数年前にオタク界隈でブームになったようである。

 


俺は本格的にやるべく、昇降運動専用の台を購入した。

 

f:id:taka19870704:20180918233858j:plain


俺のもとにやってきたこの台は、まるでヴィッセル神戸に来たイニエスタのように大歓迎で迎えられた。

なんせ、この台は俺がモデルになるためのまさしく、”踏み台”になるのだから。

 

さっそく試しに何分間かやってみたものの、これが見た目以上にキツく、大変であった。

わずか数分でこれなのだか1時間もやろうものならば、即座にガリガリになること間違いなしであろう。

「モデルになったらananの専属になろう」

もはや、雑誌がデルモを決めるのではない、デルモが雑誌を決める時代なのである。

俺の夢はまるで風船の如く膨らむばかりだ。

 


まず初日は30分だけやることにしたのだが、生憎、俺はアニメを見る習慣がないため、
代わりに録画していた「さまぁ~ず×さまぁ~ず」を見ながらやることにした。

この番組も30分で終わるので、タイマーとしてもいいだろう。

しかし、この番組チョイスが後に大事件を引き起こすのであった。


「さまぁ~ず×さまぁ~ず」は毎週さまぁ~ずの2人が面白い話をするというトーク番組だ。

この回のトーク内容が「三村が自宅の階段から転げ落ち、あばらにヒビが入った」という話であった。

その話がとても面白く、腹を抱えるほど笑えたため、昇降運動どころではなかったのだが、どうにか堪えながら5分、10分と昇降運動を続けていた。

 

そのときであった。

 

番組に気をとられすぎていたため、足元への集中力が欠落し、右足を踏み外すというハプニングが発生したのである。

ただ踏み外すだけならよかったのだが、その際に右足を変な風に着地させてしまったためか、”ヌギャ”という不可思議な音が体内を駆け巡った。

「これは折れたな」

俺はすぐさまそう感じた。

文字ではとてもクールな感じで誤魔化しているのだが、実際は、白目を剥いて「あぶぶぶぶ」と泡を吹きながら後ろに倒れそうなくらいの痛みであった。


それからというもの、昇降運動どころかご覧の有様である。

 

 

f:id:taka19870704:20180918233826j:plain

  

「残念ながら、モデルの活動はお断りします」


taka氏はこの場を借りて、諸所の芸能プロダクションにそう告げたそうである。