ただの手軽に最新VR体験をしようの話。

「Oculus Go(オキュラス ゴー)」を購入した。

 

f:id:taka19870704:20180907002159j:plain


”オキュラス”という名前だけでは何かはまったくわからないと思うが、最近流行りのVRが体感できる機械のことである。

VRといえばプレイステーション4などでも対応機器が発売されているものの、まだまだ一般的には普及していない現状だ。

その普及してない原因は数あれど、やはり中には「接続のわずらわしさで手軽にできない」という意見もあることだろう。

だがしかし、このオキュラスは、そのわずらわしい接続やパソコン・スマホを必要とせず、なんとこれを被るだけですぐさまVRが体験できる画期的なアイテムなのである。

その手軽さから「すごい手軽だよね、まじオキュってるよね」と女子高校生たちの間で話題になっていると、近所の犬たちが言っていたほどだ。

 

実のところVRというものに、俺自身あまり興味はなかったのだが、VR専用のえっちな動画がやばす」という友人の話を聞き、いてもたってもおられず購入した次第だ。


勘違いしないで欲しいが、俺は特にえっちな動画が好きというわけではない。

せいぜい年に2000本くらいしか見ないし、えっちな動画を見る専用のタブレットを持っているくらいである。

こんなことで「takaさんってスケベなんだ」と思われてしまっては心外だ。

今回はたまたまVRの最先端技術が今一番感じられるのが、えっちな動画だということである。

もちろん「VRの技術が一番感じられるものがお花の動画です」と言われれば、文句も言わずに綺麗なお花の動画を見たし、「子猫の動画です」と言われれば可愛らしい子猫の動画を見ただろう。

 

今回はたまたま、たまたまである。

 


そんなこんなでオキュラスの設定を終え、さっそくモテない男御用達のDMM.comVR動画を購入することにした。

VRだしお高いのでしょう?」と思っていたのだが、1本500円~900円程度の手軽さだ。

そのくせ、クオリティも高く、さすがモテない男の味方といったところだろう。

俺はすぐさま3本購入した。

もしかすると「え?3本も!?」とお思いの方も中にはいるだろうが、この業界には「最新術を体感するなら3本だよね」という言葉があるのだ。

そんなわけだから、素人は口を挟まないで欲しい。

 


購入を済ませ、すぐさま再生をしてみたのだがこれが想像以上のやばさであった。

「これ、目の前にいるわ」

「もう彼女いらないやんこれ」

と思うくらいのリアリティである。

目線が合うとドキドキしてしまうし、もっと言うと女優さんが出てきて「こんにちは」と頭を下げてこちらに挨拶をしたのだが、そのときに俺も無意識で「こんにちは、えへへ」と言ってしまったほどのレベルだ。


これはもう体験してくれ!すればわかる!としかいえないのが残念なのだが、このVR部門にAKBなどといった有名アイドルグループが参入してきた暁には爆発的なお金を生み出すだろうなあと感じた。

しかし、現在ではまったく参入する気配すらないのだが何か難しいことでもあるのだろうか?

金の匂いに敏感な秋元康先生が何もしていないことを考えると、まだまだ障害が多いのだろうか。

だが、いずれにしてもアイドル写真集の時代からアイドルVR動画集のような時代が到来するのは間違いないだろう。

とにかく康は曲を書いている暇があるのならば、「西野七瀬VR」をすぐさま発売するべきである。

 


3本の動画を見終えると、俺は「ふぅ」と息を吐いた。

その「ふぅ」は、最新技術を体感し感動した「ふぅ」なのか、それとも何かしらスッキリした「ふぅ」なのか。

 

「その答えは個々で考えて頂きたい」とtaka氏はみなさんに告げた。