ただの”幸せを呼ぶたぬき”の話。

「たぬき」の置物を購入した。

 

f:id:taka19870704:20180829230344j:plain

秋田に行ったときに、雑貨屋でたまたま見かけ、その可愛らしい姿にすっかり心を奪われてしまった。

すぐに「欲しい」と思ったのだが、問題は値段である。

その値段たるや、”年収1京円”といわれる俺でも少々躊躇してしまう値段であった。


そのため、棚の前で「う~んう~ん」と腕を組んで悩んでいると、それを見た若い女性の店員が近づいてきて、この「たぬき」がどれだけ素晴らしいものかを説明し始めた。

 

「これは”ちぎり和紙”で作られているんですよ」

「和紙だからとても軽いのですよ」

「うちにはこれひとつしかありませんよ」

「たぬきは縁起モノなので、家に置いておいたほうがいいですよ」

 

と、どうしても俺に買って欲しいようであった。

むしろ買わないと帰らせてくれなさそうであった。

それでも俺が「う~んう~ん」とう~ん星人かの如く悩んでいると、痺れを切らしたのか突然、

「実はこのたぬきは幸せを呼ぶといわれている」

「私の家にもこれとは違うたぬきが置いてあるのだけれど、仕事が急に上手くいくようになった」

と、雑誌の広告によくある胡散臭いブレスレットの売り文句のようなことを言い始めた。

残念ではあるが、俺と同じように可愛いだけが取り柄のこのたぬきが”幸せを呼び込む”とは到底思えなかった。

これのたぬきを買えば、可愛い女の子とお知り合いになることができるのだろうか?

このたぬきを家に置くことで、西野七瀬さんとお近づきになることができるのだろうか?

このたぬきを棚に飾ることで、毎日PCの前でパンツを下げているような俺の身に、大金が舞い込むようなことがあるのだろうか?


そんなことがあるはずがない、ちゃんちゃらオカシイ話である。

そんなことで幸せになれるのならば、今頃みんな持っているはずだ。


「まったく、ふざけた話だ」


俺はそう思うと、「じゃあ、買います」と購入を決意した。

思えば人というものは、誰しもが、何かしらのモノに縋って生きているのもである。

モノには神様が宿るというし、この”たぬき”をダメなモノだとすぐ判断するのは時期早々だ。

「もしかしたら・・・」という可能性もあるだろう。

これまでのまったくいいことのない日々を変えるべく、困ったときの神頼みならぬ、”たぬき頼み”に賭けてみることにしたのだ。

 


家に帰り、さっそく机に飾ってみた。


すると、驚くことにすぐさまこの”たぬき”が効果を発揮したのである。

 


なんと、何とはなしにAmazonを開いて調べてみたところ、まったく同じものが「1900円」という破格の値段で売られていたのだ!

 

f:id:taka19870704:20180829230917j:plain


「いやあ、俺は倍くらいの値段で買ったのに、Amazonで1900円で売られているの見つけられてラッキー!幸運だぜ!いやっほう!」


と、俺は涙ながらに喜んだという。


しかしながら、その涙はなぜだか悔しさに満ちていたそうである。