ただの小顔になろう!の話

美顔ローラーを使っている。

 

f:id:taka19870704:20180326213136j:plain

 

よくアイドルや女優などは小顔で「顔の大きさがグーぐらいしかない」と聞いたことがあるが、
顔が小さいということは男女問わず、やはり誰もが憧れることだろう。

かく言う俺も、顔の大きさはグーぐらいである。

 

しかし、同じグーでもゴリラのグーだ。


「まって、顔が大きくないか?」

俺はある日、この衝撃の事実に気づき、何をしてもモテない根本は、
この顔の大きさに原因があるのではないか?と、ついに美顔ローラーを使うことを決意した。

 


ネットを見ると、”美顔ローラーは効果がない””買うだけ無駄”というようなレビューをよく見かけるのだが、
俺に言わせれば、それは使用者の”圧倒的な甘やかし”が原因に違いないと思っている。

 

確かに説明書には「マッサージをするように」「優しく」などと書いてあるが、
顔に優しく当て、コロコロしているだけでは何の意味もないのである。
それでは、ただのそよ風に当たっているようなものだ。

 

体に筋肉をつけ、引き締めるには腹筋や背筋などといった体に負担をかけ、
追い込むトレーニングが必要なように、それは顔も同じこと。

やはり、引き締めようとするには、顔の皮を剥ぎ取るくらいの力と勢いが必要であろう。
顔を甘やかしているようでは、一向に小顔などにはなれるわけがない。
その点、俺は少しも甘やかさずに、
力の限りまるで石を削るがの如く、肉を削げ落としてやるつもりだ。

多少の怪我は構わない・・・俺にはそれくらいの覚悟があるのである。

きっと、そのような本当の使い方をすることで徐々に小顔になっていき、
最終的に俺の顔は”赤子のグー”くらいの小ささになっていることだろう。


「久しぶりに会う人達は驚くはずだ」


こうして俺の小顔化計画が始まった。

 

 

3月の初めから美顔ローラーを使いだし、1週間・・・2週間・・・
今日で使い始めて3週間ばかり経っただろうか。

来る日も来る日も毎日欠かさず、お風呂上りに10分間ゴリゴリと使い続けたところ、
驚くことに変化が表れたようである。


さすがに自分自身の姿は毎日見ているため、その変化には気づかなかったが、
最近、久しぶりに会う人、会う人に決まってこう言われた。

 

「あれ、taka少し太った?」と。

そして今日ついには、母親にまで「あんた、太ったんじゃない?」と言われるまでになった。


おかしい。

美顔ローラーを使って逆に太る。

そんなことが有り得るのだろうか。

サッカーの練習をして野球が上手くなるわけがない、習字の練習をして英会話が上達するわけがない、
それと同じことで、美顔ローラーを使って太るわけがないのである。

今現在、誰かが俺を小顔をさせないために、夜な夜な美顔ローラーに
”牛脂”でも塗っているのではないだろうか?
もしくは俺が使っていたのは、美顔ローラーではなく、
肥満ローラーだったのではないか?などと疑い、調査中である。

そうでなければ、美顔ローラーを使って、太るわけがない。

 


何やら俺の小顔化計画の雲行きが怪しくなってきたようだ。