ただの初めての回転寿司!の話

回転寿司に行った。

 


回転寿司に行くのは、初めての経験だったために一緒に行く友人に
「どういう風にすればいい」とアドバイスを求めたところ

「時速100㎞で流れてくるからキャッチするのも命懸け」
「俺の友人は、回転寿司で左手を失った」
「たまに黄金の皿が流れてくるので、それを取れれば100万円が貰える」

と、いうようなことを言われた。


どうやら”回転寿司”というものは、相当アグレッシブなところのようだ。
このような危険な場所だ、俺が今まで回転寿司と接することがなかったのは、もしや、野生の勘のようなものが働き、自然と避けていたのかもしれない。

しかし、今後、ジャパニーズフードである”回転寿司に行ったことがない”と言い続けるわけにもいかないので、今回は意を決して回転寿司に挑むことにした。


実のところ、俺は大食漢である。

焼き肉に行けば、毎回、牛10頭分の肉をぺろりと食べ、今や牛を絶滅させる勢いもあるくらいだ。

申し訳ない話ではあるが、あまりの底抜けの食欲に、食材が底をつき、今までいくつもの飲食店を潰してきたほどである。

 

そんなフードファイターの片鱗を見せる俺だ。
友人に「何皿くらい食べれる?」と問われ、どこかで聞いたことのあるような言葉で、自信満々にこう答えた。

 

「俺の胃袋はコスモ(小宇宙)だ」

 


お店に着き、店内の様子を伺うと、時速100㎞でお皿が流れてなければ、100万円が貰えるチャレンジも開催されていないようであった。

どうやら俺を動揺させるためのウソだったようだ。

 

俺はそんな友人を一喝し、席に座るなり、さっそく好物のひとつでもある「茶碗蒸し」を手に取った。

この不可解な行動には、友人も驚いていたが、

「茶碗蒸しに含まれるカツオ出汁が、胃を優しく包み込むことで食欲が増進するのだ」

俺はそう力説した。

いきなり寿司を取るのは素人である。

 

だが、一口目を食べた瞬間、茶碗蒸しのマグマのような熱さに、舌を猛烈に火傷するというハプニングに見舞われた。

あまりの熱さで「舌が溶けた!」と思い、友人に確認をしたが「溶けてない」とのことだったので一安心した。


しかし、安心してはいられない。

フードファイターにとって、舌を火傷するということは、野球選手にとっては肩、サッカー選手にとっては足を負傷するようなものだ。

友人が心配そうに見守る中、開始早々のリタイアかとも思われたが、俺は食べることを志願した。

 

リタイア・・・そんなことはフードファイターのプライドが許さなかった、と言ってもいいだろう。


その後の俺はというと、まるで火傷をしているのがウソのようにバクバクと食べ続けた。

お店の店長が出てきて「もう食材がありません!勘弁してください!」と泣きついてくるまで、俺は食べるのを辞めない!

その覚悟は並みのものではない。

 

1皿、2皿・・・レーン上に流れてくるお皿に乗った寿司たちは、みるみるうちに、俺の胃袋という名の最終レーンに流れ着くのであった。


「ふぅ、お腹いっぱいだ」

さすがに、”火傷”というハプニングのせいもあって、食材が尽きるほど食べることはできなかったが、実力は存分に発揮できただろう。

初めての回転寿司としては、鮮烈なデビューとなったはずである。


「1、2、3・・・」

 

すぐさま友人が俺の食べた皿の数を数え始めた。

 

 

 

 

 

f:id:taka19870704:20180305185518j:plain

 

「7皿だ」


「7皿か、よくやったほうだな」


「俺の胃袋はコンパクトスモール・・・略してコスモだ」


「なるほど、座布団一枚だな」


「おう」

 

そう言い残し、我々は店を後にしたのであった。