ただの俺とAAAの共通点の話

香水を買ってみた。


愛くるしい外見、濁りを知らない澄んだ瞳、
赤子を思わせるぷりぷりのお肌・・・と、まるで幼子の男の子かと思わせるような
可愛らしい外見をしている俺であるが、正直なところ、もう30歳である。

30歳。
それはまさに、今まで無縁と思われていた加齢臭的なものが
徐々に体から染み出す年頃に近づいてきた、と言ってもいいだろう。
さすがに、30歳を超えたからと言って急速に「うわ、くせぇ!」となるとは思わないが、
臭くなってから対策をするよりも、臭くなる前から何かしらの対策をしておいたほうがいいのである。
何事も先手、先手が大切だ。


そこで、俺が思いついたものが”香水”である。

体臭という臭いを誤魔化せるうえに、いい匂いがすれば女性ウケもいいことだろう。
まさに一石二鳥のモテアイテムだ。

考えてもみれば、30歳を超えたダンディな大人の男というものは、常に香りを味方に付けているものだ。
いい匂いのする花には、蝶がたくさん集まってくるように、いい匂いのする男には女性が集まってくるものである。

そういえば、電車の中で女性たちが
「いい匂いする男性っていいよね~集まるよね~蝶的なあれだよね~花的なね~」
みたいな会話をしていたような気がする。

「そうか、俺に足りなかったのは香水だったんだ」

そうともなれば、すぐさま香水を手に入れるほかないであろう。


ネットで香水について色々と情報を調べてみると、
いかにも”香水”という香りよりも、さりげなく、爽やかな匂いのほうが女子ウケが良い、という情報を得た。
もはや、加齢臭対策というよりも、モテ対策のほうに舵を大幅に切られたような気がするが、
俺が人生で一番重要視していることは「モテること」なので、細かいことは気にしないことにした。


お店にいってみると、爽やかな匂いといっても、
そのような香りのする香水は山のように種類があったのだが、
俺はすぐさまピンときて、「これだ!」とひとつのものに決めた。

それは、”グリーンティ”の香りがするものである。

上品な匂いの中にも、多少の甘いような匂い・・そんなダンディズム溢れる大人な香りだ。


後でわかったのだが、今回、購入したメーカーの”グリーンティ”の香水は、
なんとあのAAAという音楽グループの西島隆弘も愛用しているそうである。

西島隆弘氏といえば、イケメンで女性たちから大人気の人物だ。

実は昔から「なんか西島氏とは、通じる部分があるなあ」とは
薄々感じていたのだが、まさか、このような形になるとは驚きである。
やはり、そういうチョイスセンスが同じということは、
こうやって音楽業界で切磋琢磨している者同士として、とても嬉しく思う。

それに考えてもみて欲しい、”にしじま たかひろ”という名前、
たかひろ””たかひろ”・・・・
そう、お気づきの通り、彼の名前の中に、俺のtakaという名前が組み込まれているのだ。
なんという神様のいたずらであろうか。
前々から通じる部分を感じ、香りも同じ、名前も同じ・・・もう、ここまでくると、
西島隆弘と俺はもう同一人物といってもいいのではないだろうか?


「俺と付き合うということは、西島隆弘と付き合うことと同じである」

 

俺は大声でそう宣言した。


もしかすると、こんなことを書いてしまっては、今にも
女性達から交際の要求がたくさん届くかもしれない。
しかし、これはしょうがないことである。

だって、素敵な花となった今、近寄ってくる蝶を待つだけなのだから・・・。