ただの哀れチョコの話

今日は髪を切ってきた。

 

いつもは男性の方が担当してくれることが多いのだが、
休日で混んでいたためか、今回は女性の美容師さんが担当してくれることとなった。

彼女は俺の元にくるなり、
「そうそう、バレンタインでしたけど、たくさん貰えました?」と聞いてきた。


思い返せば、残念ながら今年も0であった。

「え!あの正義感が強くて、女性に優しくて、心が北海道のように広いtakaさんが!」
「女性はおろか子供やお年寄りにまで・・・はたまた小動物にまで優しいオシャレブロガーで有名なあのtakaさんがゼロだなんて!」

そんな声が今にも聞こえてきそうではあるが、これは紛れもない事実だ。


悪い魔法使いが俺の周りから「バレンタイン」という言葉を魔法で消し去ったかと思うくらいバレンタインの”バ”の字も感じられずに2/14が終わってしまい、そのあまりの感じなさっぷりに「今日バレンタインだったよな?」と
家に帰りスマホで何回か確認をしてしまったほどである。


しかし、聞いた話によるとバレンタインデーにチョコを贈るという文化は
日本独自のもので、海外の人から見ると、この「チョコを贈る」という行為をとても奇妙に思うそうだ。
俺は”サンキュー”や”ハロー”などといった外国語を日常的に使いこなすので、
もしかしたら、周りから外国人に間違われているのかもしれない。
もうなんなら流暢すぎて、サンキューどころかテンキュー、ハローがヘローといった具合だ。

きっと今回、そのことを感じ取った女性達が
「takaさんは素敵だけど、外国人だからチョコを渡すと変に思われるかも」
と、遠慮してしまい、誰も俺にくれなかったのではないか、と推測している。
今年は、俺がワールドワイドすぎるが故のゼロだと言っていいだろう。

つまりは、チョコがゼロということに関してまったく気にしていないのである。

 


なので俺は自信を持って「ゼロでしたよ」と彼女に言うと、
まるで「え?チョコ貰えないやつなんてこの世にいるの!?」というような驚きの顔をした後、

「でも、ほら、なんか義理チョコやめましょう、みたいな広告も話題になりましたしね・・・それのせいかもしれませんね・・」
「最近はチョコがすべてじゃないですからね、全然素敵だと思ってくれる女性はいると思いますよ」

という、謎のフォローをしてくれた。
どうやらとてつもなくモテないどうしようもない男だと思われたようである。
その後、不思議と会話がなくなり、ひたすら無言でカットが続けられた。


そして、そのままカットが終わり、会計のためにレジに行くと
彼女が「これ、良かったらどうぞ」と銀紙に包まれたチョコをひとつ俺にくれた。

「絶対におやつのために自分で持ってきてたやつだろうな」と思いつつも俺は
「ありがとうございます!」と言った。
俺は如何なる状況であっても、きちんとお礼ができる男である。


「俺のことをすごく哀れに思ったのだろう・・・」


”本命チョコ””義理チョコ”、最近では友チョコなどがあるそうだが、
この世には”哀れチョコ”という悲しさが包まれたチョコも存在することを今日知った俺なのであった。

 

f:id:taka19870704:20180217232139j:plain