ただの今年もこの時期が来てしまったか・・の話

健康診断で採血をされると、
必ず貧血を起こし毎回倒れそうになるため、
「俺は必要最低限の血液で生きているエコ人間なんだ」と思い、
今までやり過ごしてきたのだが、以前の診断で
「血管迷走神経反射」という症状を
俺は起こしやすいということが判明した。


そもそもみなさんは、
古代ローマから伝わるといわれる
拷問・採血をご存知であろうか?
細い針を血管に打ち込みおびただしい量の血を抜くという、
考えただけでも恐ろしい拷問のことである。

俺はこの”採血”というやつが大嫌いだ。
採血をするか、ウンコまみれのパンツを食べるかどちらかを選べ、
と問われようものなら、
間違いなくウンコまみれのパンツをもしゃもしゃと食べるであろう。
なんならば、「採血をするか、ウンコ・・」辺りで、早々に
「ウンコにしますウンコにします」と言ってしまうほどだ。


数年前の健康診断に至っては、
廊下でぐったりしていたところをたまたま看護婦に見つかり、
「せ、先生・・・先生!!」とその看護婦が大声で医者を呼び集め、
健康診断を受けていた他の社員やら、医者やらで俺の周りが
すごい人だかりになってしまうという
黒歴史を作り上げてしまった。
このことを未だに思い出す度に、枕に顔を埋めて足を
バタバタしたくなるほどの恥ずかしい出来事であった。

そして、この事がきっかけで
いつの間にやら「貧血の貴公子」との異名を
襲名した俺としてはなんとしても無事に
乗り越えなければならない1年に1度の試練なのだ。


そして、ついに今年もこの時期がきてしまった。
今年は果たしてどんなことが起こるのか。

 

みなさんには、是非とも無事を祈っていて頂きたい。
俺、この採血が終わったら・・・結婚するんだ。