ただの渋谷になりたい男の話

渋谷に行ってきた。

 

渋谷といえば、大都会・埼玉に住む俺でも多少気後れしてしまうほどのネームバリューを持つオシャレシティである。

前日、友人に「明日、渋谷に行く」という趣旨の連絡を入れたところ、「あそこはスーツじゃないと入れないよ」と忠告を受けたが、実際は、普通の洋服でもすんなりと入れたのでみなさんも安心して欲しい。

 

渋谷に降り立ち、しばらく歩いていると、顔の大きさが子猿のグーくらいしかない綺麗な女性が、カメラマンとモデル撮影だか何かをしていた。

さすが”小石を投げればモデルに当たる”と言われる渋谷だ。

子猿のグー100個分の顔の大きさを持つ俺も、カメラマンから「デルモしませんか?」とスカウトさせる可能性も否定できなかったため、念のためその近くを軽く2,3回往復してみたのだが、声をかけられるどころか見向きもされなかった。

ちなみに俺は水着までならいつでもやる覚悟なので、ワニブックスの関係者様が居ましたら、すぐさま声をかけて頂きたい。

 


その後、用事を済ませ、おでん屋に入ったのだが、今日は暑かったせいなのか、デニム切り裂き魔にやられたせいなのか、女性の店員がみんなホットパンツであった。

硬派な俺はそのホットパンツ姿の店員達を、イヤらしい気持ちなどまったく持たず、「夜は冷えるだろうし、風邪を引かなければいいが」と、心配をした目でずっと見つめていたのだが、メニューを見ずにそんなことをしていたためか、気が付いたらおでんの具をすべて注文していた。

同席していた友人から「変態野郎が」と言われたが、俺は硬派な男である、これはまさに優しさが仇になった形だ。

 


それにしても渋谷の店員はみんな綺麗で、可愛らしい人ばかりであった。

というより、渋谷にいる女性がみんな綺麗であった。


「俺は、渋谷になりたい・・・」


そう心の中でつぶやき、渋谷を後にした。