ただの不思議な出来事が起こり続けた話

f:id:taka19870704:20171001212212j:plain

友人と2人で中華料理屋に行き、麻婆豆腐を注文したところ、辛さを3段階ほど選べたので、2人とも”小辛”にしたらなぜか俺のものだけ明らかに”激辛”のものが出てきた。

一口食べただけで、口に激痛が走るほど辛く、「俺は松井玲奈じゃないんだから」と、とても分かりづらいツッコミを入れ、そこは冗談っぽく終えたのだが、思い返せば、今日の不思議な出来事はすべてここから始まったのであった。


麻婆があまりにも辛かったため、「口直しをしよう」と、中華料理屋の近くにあったカフェに入り、俺がアイスコーヒーを注文したところ、なぜか店員が持ってきたものがホットコーヒーであった。


確かに俺は常に温かく、情熱的な心を持ち、”パッションtaka”と呼ばれることが多いので、「あ、パッションtakaがきた、彼には冷たいものより温かいものがいいだろう」と、店員が気を使いアイスをホットに変えてくれたのだろう。

これはやむを得なしだ。


その後、色々と買い物を済ませ、夕飯を食べようと某有名チェーン店に入り、”おんたま牛あいがけカレー”を注文したところ、なぜか牛が入っていない、ただのおんたまカレーを出された。

確かに俺は、神様的なオーラを発しているところもあるので、きっとインドか何かの神様と間違えられたのかもしれない。

「彼にとって牛は神聖な生き物だから、牛肉を抜いた、ただのカレーを出したほうがいいだろう」という店員の優しい気遣いに違いない。

これはありがたい限りだ。


そして最後に、「何か飲んでから帰ろうか」ということになり、スタバ的なところに寄り、友人が”アイスフロートメロンソーダ”的なものを頼んだところ、フロートが乗っていないただのメロンソーダが出てきた。

そういえば、確かに「メロンソーダは”初恋の味”」なんて言葉もあるくらいだ。

そんな初恋の味にアイスを乗せ、味を変えようとしていたなんて・・・

これは「いつまでも濁りのない初恋の味を大切にしろよ」という、遠回しのメッセージということなのだろう。

初心忘れるべからず、心に染み渡った。

 


しかしながら、こんなにも1日で間違いが起こるものなのだろうか。

これは何かの前触れのような気がしてとても怖い。

もしかして、俺は死ぬのでしょうか?

それともただ単に、裏に組織的な何かがいて、可愛らしい俺に嫌がらせをしているだけでしょうか。

詳しい方がいましたら、どなたか教えてください(Yahoo!知恵袋っぽく)