ただの強力脱毛レーザーの話

今日は2か月に1度の髭の脱毛に行ってきた。

 

場所はメンズ脱毛御用達の”ゴリラクリニック”である。

知らない人からみれば、ゴリラクリニックという名前だけ聞くと
「コスト削減のために、店員が全員ゴリラなんだろう、ウホウホなんだろう」と
思われるかもしれないが、安心して頂きたい。
全員しっかりとした人である。


1回15分ほどで終わるので、気軽にカフェに行くように、
「ちょっとゴリってくるわ」といった感じで通うことができるし、
顔も綺麗になるうえ、スタッフのお姉さんも美人揃いなので、
意外と行くのを楽しみにしているのだ。


しかし、今回はいつもと違った。

 

なぜならば、施術が7回目ということもあってか、
ついに俺のお顔を完璧につるつるにするために、
スタッフの方から今回からは脱毛レーザーの出力を強くするという
宣言を受けたからだ。

始まる前は「そうは言っても大した痛さじゃないだろう」と
たかをくくっていたのだが、
実際に施術をされるとこれが異常なほど痛かった。
施術してくれたスタッフが美人のお姉さんじゃなかったら、
口を半開きにして、白目を剥いて、
よだれをダラダラ垂らしながらダブルピースをしていたと思う。

よく言う「輪ゴムで弾くような・・・」というレベルから逸脱し、
例えるならば、ガスバーナーで炙られながら、
剣山で顔をゴシゴシされている感じであった。
麻酔をしていなかったら、人類初の脱毛レーザー死をしていたに違いない。

 

施術後、あまりの痛さに
「もう絶対来るもんか!今回で終わりだ!」と思ったのだが、
スタッフのお姉さんが
「よく頑張りましたね!次も頑張りましょうね(ハート)」と言って、
笑顔で俺の背中をさすさすしてくれた。


「はい!次も頑張ります!」

俺はそう元気に返事をした。
その顔は満面の笑みを浮かべていたとかいなかったとか。


男って単純。