ただのはるばるきたぜ、箱だけの話

母がヤフオクで商品を落札し、
本日その商品が届いたようなのだが、ダンボールを開封したところ、
肝心の中身が入っておらず空箱だけで送られてきたそうだ。

母は年甲斐もなく「詐欺だ!警察だ!」と
わーわー騒いでいるのだが、その姿は大変みっともない限りだ。
おそらく、みなさんもこのような状況になった場合、
うちの母のようにわーわーと騒いでしまうことだろうと思う。

しかし、まずは落ち着けと。
”呼吸をする度に商品を落札している”と言われるほど、
ヤフオク界で有名な俺から言わせれば、
こういうときこそ、深呼吸をし落ち着くことが一番だ。

 

そもそも、オークションというものは、素人が1人で出品、梱包、発送を
している場合が多く、このようなミスはよくあることなのである。
こんなことでいちいち目くじらを立てていたら、
くじらが何匹いても足りないだろう。
英語でいうところのノーアイホエール精神が大切である。

そこで、ゴールデンレトリーバーのような純粋で
穏やかな心を持ち合わせている俺は、
まず速やかに出品者のメールアドレスに
「本日商品が届いたのですが、空箱のみでしたよ」という
荒波を立てない井上和香の胸よりも柔らかい内容で文章を送ることにした。

 

すると、30分もしないうちにすぐに返信があった。

おそらく謝罪文が書かれ「すぐに発送し直します」
とかなんとか書かれているのだろう。
そんなことを思いながら、メールを開くと、
「In connection with this matter, we have~」という
内容不明の謎の英文が書かれていて、
ささ、ささ、ささすがの、おお俺も、どど動揺してしまっている。


これは、ささ詐欺!?けけk警察!?
おお、俺は、どどどど、どうすれば、いいのでしょ、しょうか。