ただのダブルチョコクロワッサンってたくさん書いた話

セブンイレブンの「ダブルチョコクロワッサン」が美味い。


その美味しさにすっかり虜になった俺は、
毎日のようにむしゃむしゃ食べ続け、今では
「俺がダブルチョコクロワッサンだ」
「ダブルチョコクロワッサンはわしが育てた」と
常人では理解できないことを口走るようにまでなった。
なんならば、あまりのダブルチョコクロワッサン好きを知った
友人たちは皆、俺のことを「ワッサン」と呼ぶくらいである。


そうだ、わかっている。
1日10~20アクセスもあるこの超大人気ブログで
「ダブルチョコクロワッサンが美味い」などと容易く書こうものならば、
それはそれはとてつもない影響力で、
明日には全国のセブンイレブン
ダブルチョコクロワッサンの品切れ騒動が起こり、
多くのダブルチョコクロワッサンファン
悲しませることになることくらい、わかっているのだ。

しかし、あまりにも美味いため、
とても我慢することができず、ここに書くことにした次第である。

 


今日もそんな愛するダブルチョコクロワッサンを買おうと、
セブンイレブンに寄ると、レジの担当が可愛らしい女性であった。
見た様子、10代後半か20代前半であろうか。

俺は「若い!可愛い!」と静かに興奮しつつも、会計を済ませ、
お釣りを貰おうと右手を差し出したその時であった。

なんと、彼女は俺の右手を両手で包み込むように、キュと握り、
お釣りを返してくれたのだ。

これは、

”ダブルチョコクロワッサン美味しいですよね、私も好きです、
なんならあなたのことも好きです”

ということだろう、不器用な彼女なりのメッセージに違いない。
そういうことに鋭い俺はすぐにわかった。

まさかダブルチョコクロワッサンを通じて、
レジの女性から愛のメッセージを受け取るとは思ってもいなかった。
まさにダブルチョコクロワッサン様様である。


そして、俺は心の中で
「このダブルチョコクロワッサンは、
君の恋の味も追加したトリプルチョコクロワッサンになったゼ」と
意味不明なことを言い残し、セブンイレブンを後にしたのであった。


美味しいうえに、愛の告白までされるセブンイレブン
「ダブルチョコクロワッサン」、皆様、是非ご試食あれ。