ただのauショップの話

ここ最近、愛用しているスマホが電池残量50%を切ると突然、電源が落ちるという謎の現象に悩まされてる。

さすがにこのままにしておくわけにもいかず、本日、auショップで診てもらうことにした。

事前にネットで色々と調べていたところ某掲示板に「最近のauショップドレスコードがあるから気を付けろ」

と書かれていたので、ドキドキしながら行ったのだが、Tシャツにジーパンという、ザ・ラフといった服装でも普通に入ることができた。

まったく、ネットは嘘つきな人が多くて困りものだぜ。

店内に入り、さっそく女性店員に「まだ買って半年くらいなのに電池が50%切ると~」という説明をするとスマホを一切確認することなく、「それでは同機種の新品を用意しますので」と言われた。

どうやら表立っていないだけで、この機種にはこのような不具合があるのだろう。

新品の機種が用意されるのを待っていると、隣のカウンターに座っていた男性が店員に「iphone7が!iphone7に!」とものすごく必死に言っているのが聞こえてきた。

なぜ彼はあそこまでiphoneで必死になれるのだろうか。

もしやiphone7のカメラで人物の撮影すると、女性の服だけ透けたりするのだろうか。

そうでなければ、考えられないような必死さであった。

そんなことがありつつも、その後、無事に新品の機種を手にすることができた。

アプリなどを取りなおす必要があるため、少々面倒くさいが、これを気に、水が酸素水に変わるアプリ、上司にガミガミ言われなくなるアプリ、

女性と札束の風呂に入れるアプリなどを探して入れようと思う。