ただの可哀想なサルの話

f:id:taka19870704:20160717222859j:plain

この前、動物園に行ったら
群れから離れ、独りぼっちで
死んでしまいそうなくらい肩を落とした猿を見つけた。

動物の心がわかる優しさを兼ね備えている俺は
彼を見た瞬間にすべてを悟った。

「振られたんだな・・・」と。

  

おそらく、好きなメス猿をバナナデートに誘ったら
「はぁ?もう今どき、バナナ食べてる猿なんていなんですけど?」
「ほかのオス猿はちゃんと栄養価を考えたデート誘ってくれるんですけど?」と
キツイ言葉で振られて落ち込んでいるのだろう。
彼のすぐそばにあるため池は、最初こそ水飲み場だと思っていたが、
きっと彼が流した大量の涙が溜まったものに違いない。

彼を見る前は
「オス猿なんてメス猿をとっかえひっかえでしょう?」と猿に対し、
交尾狂のイメージしかなかったが、それはとんだ間違いであった。
光があれば影があるように、
猿の中にもモテない猿はもちろんいるのだ。

俺が猿にでもなれれば、すぐさま駆け付け、

「わかる、俺にはお前の気持ちが痛いほどわかる。
確かに振られるのは辛いことだが、くよくよしても何も起きないことは事実。
その振ったメス猿を後悔させてやるような素敵な猿になればいいだけだ。」
と声をかけて、優しく肩を抱いてやったことであろう。

だが、生憎それはできそうにないので
「俺も頑張るから、お前も頑張れ」という気持ちだけを伝えておいた。

次に会うときは、お互い彼女を紹介し合おう。