ただの俺のこと好きなんでしょ?の話

職場の30代の女性(先輩)が、
俺のことを好きなのではないかと睨んでいる。

前々からその女性に話たつもりはないのに、
俺の職歴やら趣味やらをやたらと詳しく知っていたので、
「もしや俺に好意が!」とは思っていたが、
このところそれが顕著になってきた。


まず、その女性は俺のことを今までずっと苗字で呼んでいたのだが、
最近になり下の名前で俺のことを呼ぶようになった。
クレヨンしんちゃん”こと、”野原しんのすけ”のことを
誰もが「野原!」と呼ばずに「しんちゃん!」と親しみを込め、
呼んでいることからわかるように、
愛される人物というものは常に下の名前で呼ばれるものだ。
それは「のび太」しかり「まる子」しかり、
愛される人物特有のものである。

”愛される人物=下の名前”
このことから職場の女性は、
もう確実に俺のことを好きだと確信していいのではないだろうか。
おそらく、早くも付き合った後のことを想定して今の段階から
下の名前で呼ぶ練習も兼ねているのだろう。
まったく、計算高い女性だ。


さらに俺のことが好きだと確信している理由はまだある。
お昼休みに食堂でご飯を食べているときにわざわざ俺の近くを通るのだ。

これは通り過ぎた後のいい匂いを俺にクンクンさせることによって、
「はぁ、いい匂いだなあ、これだけでご飯3杯食べれるよう」と
思わせ、自身の印象を残すという「私がおかず作戦」に違いない。

これはお腹が空いて、匂いに敏感になっているところをすかさず
攻めるという一見、簡単そうに思える作戦であるが、
「私はいい匂い」という自らに自信がなければ到底できないうえ、
下手をすれば「臭い」と思われかねない非常に難易度の高い技術だ。
計算高いうえにここまで高い技術力まで持ち合わせているとは・・・。


さらにはまだ好きだと確信している理由がある。
それは最近、やたらと俺に冷たくなったところだ。

今まで毎日のようにすごい喋りかけてきてくれたのだが、
ここ数日はまったく会話すらない状態である。
「あれだけ話かけてくれたのに・・・え、どうしたんだろう」と
俺をヤキモキさせることにより、常に自身のことを気にさせるという
恋愛の教科書350ページにも
書かれている古くから伝わる”押して引く”恋愛技法だろう。
それか俺が若干Mっ気があることを風の噂で知り、
わざと冷たくして、俺にハァハァさせているのかもしれない。


どうだろうか。
ここまでの確信がある以上、
もう明日の朝、挨拶代わりに抱きしめても大丈夫ですよね?