ただの食生活の話

最近、仕事が忙しく食生活が荒れ気味である。

朝は出勤のギリギリまで寝ていたいため、朝ご飯は食べず、
お昼はインスタント食品が中心で、野菜を口にしていない生活だ。
俺がもし「サラダを食べた」と言おうものならば、それは
うまい棒のサラダ味を食べて
サラダを摂取した気分になっていると思ってもらいたい。

 

そんな栄養不足の俺の
本日のお昼はコンビニのインスタント味噌汁とおにぎりだ。

今までインスタント味噌汁は飲んだことがなかったのだが、
この前、たまたま飲んだときにあまりの美味さに感動し、
今では2週間連続でお昼にインスタント味噌汁を飲んでいるほどである。
俺に言わせればマルコメ坊やは、もはやマルコメ母さんである。

 

ここまでの文章を読み、
「そんな生活では、私の大切なtakaさんのお体が心配ですわ」と
ご心配をしてくださる心優しき女性の方もいることだろう。
ありがたいことだ、そんな方は是非とも直接言っていただきたい。

また、中には「そのままの生活を続けて死ね」と思っている方もいるだろう。
しかし、それの場合はそのまま心の奥底に秘めておいていただきたい。
そんなこと言われたら泣いちゃうから。


確かに、このままの食生活を続けてしまっては、
近い将来、何かしらの大病にかかってしまうのは事実。
だが、俺のことをどこかで待っているであろう新垣結衣さんの
ためにも、今ここでパタリと倒れるにはいかないのもまた事実。

何か健康になるいい手はないものかと悩んだ末、
”不足している栄養をサプリメントで摂取しよう”という答えを出した。

これならば、手軽に栄養を補えるはずだ。
そんなわけで本日、お昼ご飯を食べた後にさっそくサプリメントを飲んでみた。


するとどうだろう。
飲んだ途端に体調が悪くなり、
この文章を書いている今でも頭がなぜがギンギンと痛んでいる。


もはや俺の体は人間ではないものになっているようだ。