ただのA子さんの激怒の話

上司にお昼に誘われ、
社員数人で行きつけのお店でご飯を食べた。

みんなでモグモグと定食を食べていたら、
上司が突然、「んっ!!痛い!!」と言い出し、
口からお皿か何かの小さな破片のようなものが出てきた。

どうやら食べ物の中に混入していたようで、
「ついてないですねえ」「こういうことあるんですねえ」
と男性陣は笑い話程度に思っていたのだが
同席していた唯一の女性・A子さんだけは違った。

箸をスッと置くと、近くにいた店員を呼びとめ、
「責任者を連れて来てください!」と怒りだした。
男性陣は「え、まじかよ」と唖然である。

 

すぐさま、ビクビクした様子の店長がやってきて
「どうかなされましたか・・・?」とA子さんに尋ねると、

「どうかなされましたか?・・じゃないでしょう!」
「この人の食べ物の中にお皿の破片が入ってたんですよう!?」
「これはどういうことなんですか!」

と、店内に響き渡るほどの声でA子さんは店長を怒鳴りつけ出した。

ちなみにA子さんは、普段は「そよそよそよ・・・」と
そよ風のような小さな声しか発さず、無口で物静かな人だ。
しかし今日ばかりは、そのそよ風が台風にまで発達していた。

「・・・普段のA子さんと違う、怖い!」

男性陣は店長よりもビクビクしながら
その様子をみていることしかできなかった。

その後も、A子さんは

「なんでこんなものが入るんですか!?」
「どういう環境で料理を作っているんですか!?」
「ケガでもしていたらどうするんですか!?」
「もし飲み込んでいたらどうするんですか!?」

と、もはや店長が可哀想に思えてくるほどの怒涛の口撃を続け、
ついには「もう私達は2度とこのお店には来ません!」
と、勝手に男性陣が週1で利用している大好きな店との絶縁宣言をしだした。

 

急な絶縁宣言に、
さすがの男性陣も「まてまて、そりゃないぜ」となりかけたのだが、
ここで何を思ったか突然、A子さんが俺に

「ねえ?takaくんも、もうこんなお店来たくないでしょう!?」

と、とんでもないパスを出してきた。

「・・・え、俺?」

しかし、とてもじゃないが
「A子さん、俺たちはまた来たいのですが・・・」
などと言い出せる空気ではなかったため、
俺は「そうでございます」と、サザエでございます的な
謎の返事をすることしかできなかった。


結局、その場は「まぁまぁ・・」と当事者である上司がなだめて、
解決したのだが、A子さんは会社に戻ってからも
1日中ピリピリしていた。

A子さんは、小さな破片に相当な恨みをかかえてるんだろうか。
俺が思うに、小さな破片に親でも殺されてなければ、
納得できないくらいの怒りっぷりであった。

女性の怒りのスイッチというのは謎だらけである。