ただのおかまバーの話

部長に「taka、おかまバーにいこう」と誘われたが、
必死の覚悟で逃げ帰ってきた。


部長は、数年前に会社の女の子達と一緒に「おかまバー」に行ったようで、
そのときに女の子達の前で下着をおろされ、無理やり掘られたと言っていた。
俺には「掘られた」の意味がイマイチわからなかったが、
掘られると、男として・・いや、人間としてなにか大事なものを無くして
しまいそうな気がした。


部長が言うには
「話を聞いてくれるし、盛り上げてくれてすごい楽しい」らしいが

f:id:taka19870704:20151127222256j:plain

こんなやつが現れたら、話どころではない。

何が「キャンディー」だ、
どこからどう見ても「キャンディー」というより男梅だろう。
この人に「私ね、この前素手で虎2匹倒したよ」と言われても、
「あー、やっぱりね」と思わず納得してしまいそうである。

>血液型 : 土型(ドカタ)

この独特なすべり具合に加え、

>好きなタイプ : 男なら だれとでも(代表)

(代表)の意味がわからないのだが、
こういう細かいところにイチイチ突っ込むのは、野暮なのだろう。

 

そして、

f:id:taka19870704:20151127222321j:plain

この人に至っては、「おにぎり」という
もはや、男女という壁を超え、食べ物に辿り着いている。
おかまは行き着くと食べ物になるのだろうか、神秘である。
これは是が非でも、
「おかま→お釜→米」という安易な発想でないことを願いたい。

 

プロフのほとんどが詳細不明のため、
彼(彼女?)がおにぎりであることしかわからないが、
白バックに米という白い被り物を選んだために、
背景と一体化して、おにぎりというよりタイヤのようにみえる点から、
彼(彼女?)は相当なお茶目おにぎりだろう。


そんなおにぎりさんには、
語尾に「~コメ」などとつけて喋ってないことを祈りたい。
そんなことをしていたら顔面パンチだ。


俺は、「おかまバー」に行くつもりはないが、
おにぎりさんを応援していきたいと思う。