ただの顔写真の話

数日前に、会社で社員登録書だかなんだかのために
使用する顔写真の撮影があった。


てっきり、専門の業者のような人が来て、
しっかりした機材を使い撮るのかと思いきや、
会社のおじさんが5000円くらいのデジカメで「ほい、チーズ」の
掛け声で適当にパシャパシャ撮るというとても乱暴なものであった。

しかし、人を見かけで判断するのはよくない。

「適材適所」と「餅は餅屋」というような言葉があるように、
会社に登録するであろう大事な写真だ、素人に任せるはずがない。
きっと昔はカメラに携わる仕事をしていたり、そうではなくても、
カメラが好きでプロ顔負けの腕前の持ち主なのかもしれない。
わざわざ専門業者を呼ばなくてもうちには、
最高峰のカメラマンがいるのではないか、と会社が判断したに違いない。

そう思いながら、気になったので
おじさんに「カメラ詳しいんですか?」と聞くと
デジカメに初めて触れた、と言っていた。

「ある程度の年齢に達すると新しいことに挑戦しなくなる」と聞いたことがあるが、
そんなことを知ってか知らずか、
いくら歳をとろうとも、新しいことにどんどん挑戦させるという
うちの会社の素晴らしいやり方に実に感動した。

 

そんなことが数日前にあり、そのとき撮った顔写真を
パソコンに取り込んだものを今日見せてもらった。

そこに写っていた俺の顔は、顔はテカり、目にはまったく生気がなく、
口元は若干の微笑みを浮かべ、とてもお下品な顔をしていた。
間違いない、これは犯罪者特有のやばい顔だ。
と俺はこの写真を見てすぐに思った。

道行く人100人に、この顔写真を見せ、
「この人はなんの犯罪を犯した人だと思いますか?」と聞くと
100人中80人は「パンツ泥棒」と答えるだろう。
ちなみに残りの20人は
「あれ、この人、側溝内に隠れて女性の下着をのぞき見ようとした人ですよね?」だ。

そんなあまりにもクオリティの低すぎる写真に
普段は仏のように温厚な俺も
「あーあ、だからちゃんとした人に撮ってもらわないからこうなるんだよう!」と
メロスよりも激怒した。

しかし、どうだろう。
これを見たほかの社員達からは

「よく撮れてるよね」「写真写り良いよね」

と、みんなから絶賛の嵐であった。
なんならば「実物と変わらないからいいなあ」と言わんばかりであった。

「え、俺はこんな顔を晒して普段生活をしているの?」と
とてもガッカリしたの同時に、
皆様には”顔はテカり、目にはまったく生気がなく、
口元は若干の微笑を浮かべ、とてもお下品な顔をしている人”
町で見かけてもそれは俺なので、「変態がいます」と
警察には通報しないで頂きたいことをお願いしたい。

そのような人(俺)を見かけたら、
「うんうん、大丈夫だよ、takaさん」と抱きしめてください。