ただのビックになりたい話

田中将大は26歳の現在、メジャーリーグで大活躍し、
織田信長は27歳のときに桶狭間今川義元と戦い、
木村拓哉は28歳のときには工藤静香と結婚。

俺も現在28歳。

思い起こせば、上記の3人のように何を達成する人生でもなく、
「はあ、彼女欲しい」と情けないことを吐く毎日、
漫画や映画だったら「あれから28年後・・・」と省略されるような
どうしようもない日々を送ってきた。
同じ人間同士、こんなにも違うものだろうか。

「俺は今まで何も誇れることをしてきてない」

頭がいいわけでもなければ、スポーツが抜群にできるわけでもなく、
モテるわけでもなければ、結婚はおろか、女の子の手すら握ったことがない。
お金があるわけでもなければ、人脈もない。
なんとも情けない限りだ。


そんな情けない省略人生を涙ながらに振り返り、俺は本日、
「このままではダメだ、何かビックなことをやろう」と決意した。

やはり人として生まれたからには世に名を残すことがしたい。
そうだ、情けない今までの人生とはさようならだ。
俺は今日からスーパーtakaとして生まれ変わるのだ!
そういえば、哲学者・ルソーがこんなことを言っていた。
「生きるとは呼吸することではない、行動することだ」
ついに俺もその行動をするときがきたのだ。

 

・・・と、そのようなことを思いながら、
お昼休みにご飯を食べ、ウトウトしていたら、
”係長にすごい怒られる”という夢を見て、ハッ!っと目覚めた。

「ふぅ、恐ろしい夢を見たぜ・・・」と
口から溢れ出ていた涎を拭いていたのだが、
それが本当に夢だったのか、
現実に起こったことなのか、よくわからなくなり、
午後からずっと係長を見かける度にビビりまくっていた。


田中将大は26歳の現在、メジャーリーグで大活躍し、
織田信長は27歳のときに桶狭間今川義元と戦い、
木村拓哉は28歳のときには工藤静香と結婚。
takaは28歳のときに係長にビビりまくっていた。


どう見ても、俺はビックにはなれそうにない。

やはり人間、地道に生きてくのも大切である。