ただの夏に向けての話

f:id:taka19870704:20150926203107j:plain

夏に向けてさらに体を絞るべく、2キロのアンクルリストを購入した。

 

「え、夏はもう終わりましたよ?」という方もいるだろう、
ちっちっち、デキる男というのは、
来年の夏を目指して、早くも動き出しているのだ。
未だに今年の夏を名残惜しんでいるような男は所詮負け組み。
俺のようなステキ男性は終わった過去は振り返らず、
もはや先の未来しか見ていないのである。


さっそく「来年の海は俺のものだ!」と
意気揚々にアンクルリストを両足に装着し、筋トレをはじめることにした。
しかし、筋トレといっても、アンクルリストをつけて、
30分間昇降運動をするという簡単なものだ。

 

始める前は
「たかが片足2キロ、両足でも4キロ、
いうならばチワワが足に抱きついているようなものだろう、可愛いものよ」

そう思って舐めてかかった。
実際に最初の10分間は楽勝だったため、片足4キロでもよかったかもなと考えたが、
15分、20分と時間が経つにつれ、チワワが秋田犬になり、
最後はゴールデンレトリーバーのような重さになっていた。
目標にしていた30分に到達した頃には、額に脂汗がにじみ、足の感覚がなくなり、

「死ぬ」と確信したほどだ。
しかしながら、これを毎日続ければ、
スーパーサイヤ人のようなむきむきボディを手に入れられるのも事実。

 

きっと、来年の夏になった頃に、
この日記で「明日、○○の海に行きます」と書こうものならば、
俺のむきむきボディを一目みたいという水着の女性たちが、
海に殺到することだろう。

ぜひ、みなさんには来年の夏を楽しみに待っていてほしい。