お気に入りとはなんぞやの話

数日ぶりの日記である。

少し前まで毎日日記を書いていたのに、
パタッと書くのをやめてしまったため、
「takaさんのことだから、
女の子に相手にされず、ショックのあまり死んだに違いない」と
お思いだった方も多いことだろう。

しかし残念ながら、
俺は都会に潜むタヌキのようにしぶとく生きている。
女の子に相手にされないのは紛れもない事実ではあるがな!


ここ数日、利用している婚活サイトで、ありがたいことに
「お気に入り」に入れてくださるかたが、最近また増えている。
何がいいのかわからないが、きっと自分でもわからないような
女性を惹きつけるダンディさがプロフィールから溢れ出ているのだろう。
きっとこんなにダンディな男は日本中どこを探しても、
俺かダンディ坂野くらいである。

しかし、未だにこの「お気に入り」というものがよくわからない。
「お気に入り」に登録しておくことで何かイイことでもあるのだろうか。
最初は、「私にメッセージを送ってくれてもいいのよ、
私からは送らないけどな、このドブ大根野郎」という
奥手な女性からの愛の合図かと思い、
メッセージを送ってみたがまったくのスルーぶりである。
決して、登録しているからといってメッセージの
やり取りがしたいわけではないようだ。

ならば、もしや登録しておくとプロフィールでは
知りえない秘密の情報がわかったりするのだろうか。

俺がちょっとムフフなDVDを机の一番下の引き出しの
奥に隠していることや、夜な夜な全裸になり、
両手で自分のお尻を交互に叩きながら白目を剥いて
「びっくりするほどユートピア、びっくりするほどユートピア」と
唱え続けベッドの上で
飛び跳ねていることなど、絶対に誰にも知られたくないことを
運営からヒソヒソとリークされているのでは。
まったく「お気に入り」というものは恐ろしい機能だ!

秘密を握られた方、
どうか他言無用でお願いいたします。
こんなことが世の女性に知れ渡ったら俺は首をくくるしかありません。