ホットケーキの話

料理が得意な男性というのは、女性からモテるようである。

何を隠そう、俺は料理が得意中の得意なのだ。
今まで隠していたが、あの有名な
「埼玉の周富徳」「歩く3分クッキング」
とは俺の二つ名のことである。


そんな料理の達人の俺は、
今回、得意料理のひとつであるホットケーキをみなさんに紹介したいと思う。
「え、料理の達人なのに、ホットケーキ?」とお思いの方も
いると思うが、勘違いしないでもらいたい、
シンプルな料理ほど難しいのである。

近頃の料理人は飾り付けでごまかそうとしているようだが、
俺はそんな小細工は一切しない、料理というものは
視覚で楽しむものではなく、
味覚、つまり素材の味を楽しむのが一番なのである。

そんなシンプル料理の中でもシンプルキングに君臨するのが
今回挑戦するホットケーキなのだ。
実はここだけの話、
ホットケーキは別名・料理界のエベレストと恐れられ、
実際、挑戦する料理人は少ないのが現状だ。

今回は、そんな現状を打破し、全世界の料理人に
「私にもホットケーキが作れるかも」という夢と希望を
与えるためにも俺はホットケーキを作ろうと決意したのだ。
ホットケーキのためなら、左腕の一本くれてやる覚悟だ、
俺の決意は固い。

まず、素材だが、
薄力粉、砂糖、ベーキングパウダー、卵・・・などを
一般的には使うようであるが、
プロの俺はそんなものは使わない、ここが素人との違いである。

俺が使うのはホットケーキミックスただひとつだ。

牛乳と卵、ホットケーキミックスをかき混ぜ、
しずかにフライパンに入れる。
素人はここで焦ってしまうことが多いが、
落ち着いて行うことがポイントだ。

フライパンが温まるのを待っている間、
早くも、世界中の料理人からの期待が一気に押し寄せて、
全身が震え出した。
しかし、ここで挫折するようではダメだと自分に言い聞かせ、
俺は温まったフライパンにホットケーキの生地を流し込んだ。


そして、長い戦いの末、完成したのがこれだ。

 

 

 

f:id:taka19870704:20140311155847j:plain