ただの葬儀が嫌いな”ある理由”の話。

親戚のおばさんの葬儀に参加してきた。 数日前に「なんだか、会いたくなったから」と急にうちの母親の元に訪れ、母がとても不思議そうにしていたのだが、なんと、その次の日に不慮の事故で亡くなってしまったそうだ。 60代後半という年齢だったが、とても元…

ただの命名・ココイチカットの話。

友人の女性から、「縮毛矯正をかけ、髪の毛がまっすぐになりましたのよ」と報告を受けた。 俺はこの知らせを受け、「俺もまっすぐにしたい!縮毛矯正するぞ!」と決意した。 このとき、なぜここまでの決意をしたのかは、今となってはわかりかねるが、きっと…

ただのパスタとばばあの話。

某お店のパスタを食べてきた。 以前から、友達が「ここのパスタが一番美味い」「ここのパスタを食べたら他のところで食べれない」とまで言っていて、ずっと気になっていた。 どのくらい美味いのだろうか。 そもそも、俺はパスタが大好きだ。 みなさんにはあ…

ただの今年の冬はダウンベストだからの話。

これからの寒くなる時期に向けて、「ダウンベスト」を買おうと決意した。 みなさんの中には「ダウンベストなんて絶対寒いだろ」「あれは救命胴衣だろ」と思われている方が多いことだろう。 確かに、腕部分の寒さは否めないし、あまりにボリュームのあるもの…

ただのカメラと心臓を止めるな!の話

話題の映画「カメラを止めるな!」を観てきた。 何やら、上映当初は数か所のみの上映だったようだが、面白いと口コミで広まり、今では、日本各地で上映するまでになった人気映画だそうである。 この映画に関して一切の情報を調べていなかったため、どのよう…

ただのまた”予知能力”が起きた話。

1年ほど前だったか、とにかくずいぶんと前に、「俺には予知能力があるのかもしれない」ということをこの日記に書いたのだが、きっと誰一人として覚えていないことであろう。 www.taka0704.com このときの内容を簡単に説明すると、「自分の右足が痛くなったと…

ただの今後のモデル活動のために!の話。

普段、一切”体重計”というものに乗ったりすることはない。 だが、ここ最近太ってきたような気がしたので「あら、太ったかしら」と思い、久しぶりに体重計に乗ってみたところ、以前よりも+5㎏ほどになっていた。 あまり気にしていなかったが、よくよく見ると…

ただの「パワハラ」はなくならないぞ!の話。

近頃、「パワハラ」の一大ムーブメントが起こっている。 「パワハラ」とは、会社で自分より立場の上の人物が、その力を使い、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えることが定義とされている言葉、いわゆる、「パワーハラスメント」の略語だ。…

ただの俺はフードファイターだからの話。

友人から「肉を食べにいこう」という誘いを受けた。 皆さんからは「ニートがミートを食べるなんてシャレですか」と思われるかもしれないが、ニートにだってミートを食べる権利はあるのだ。 話を詳しく聞くとどうやら「ステーキを食べる」ということだったの…

ただの耳からワインが出た話。

一週間ほど前の話になるのだが、朝起きたら枕に血のようなものが付着していた。 30代になると、衰えから枕に抜け毛が多く付くようになったりだとか、強烈な加齢臭が付くなどとは聞いたことはあったのだが、血液が付着することもあるのだろうか、人体の不思議…

ただのプレゼントにはディズニーでしょ!の話

公式のオンラインチケット販売を利用して「ディズニー」のペアチケットを買った。 和を愛してやまない”ベスト・オブ・ザ・日本人”の俺から「ディズニー」という単語が飛び出たことに、おそらく皆様は驚いていることだろう。 「この西洋かぶれが!売国奴め!…

ただの手軽に最新VR体験をしようの話。

「Oculus Go(オキュラス ゴー)」を購入した。 ”オキュラス”という名前だけでは何かはまったくわからないと思うが、最近流行りのVRが体感できる機械のことである。 VRといえばプレイステーション4などでも対応機器が発売されているものの、まだまだ一般的には…

ただのタイムマシーンの業者じゃありませんけど?の話。

最近、「ドラえもん」のチョコエッグを買い集めている。 たまたま立ち寄ったコンビニで見かけたのだが、ドラえもんはもちろん、のび太くんやジャイアンといったキャラクター、そして秘密道具までラインナップされているようで、どれも可愛くなかなかのクオリ…

ただのキャップを被れない男の話。

帽子を買いに行った。 実は今まで帽子とは無縁の生活だったのだが、まだまだ暑い日が続くということもあるし、最近はオシャレでファッショナブルな帽子が多いため、30代のファッションリーダーの俺としては、やはり普段のコーディネートにも取り入れるべきだ…

ただの”幸せを呼ぶたぬき”の話。

「たぬき」の置物を購入した。 秋田に行ったときに、雑貨屋でたまたま見かけ、その可愛らしい姿にすっかり心を奪われてしまった。 すぐに「欲しい」と思ったのだが、問題は値段である。 その値段たるや、”年収1京円”といわれる俺でも少々躊躇してしまう値段…

ただの「ペンギン・ハイウェイ」を観てきたの話。

映画「ペンギン・ハイウェイ」を観てきた。 この「ペンギン・ハイウェイ」は俺の心の師である森見登美彦先生の原作小説をアニメ化したものだ。 森見作品といえば「夜は短し歩けよ乙女」「四畳半神話大系」「有頂天家族」・・・といった京都を舞台とした独特…

ただの秋田で起きた不思議なことの話。

前回の日記に書いた通り、秋田の婆ちゃんの家に4泊ほどしてきた。 俺が幼少期の頃からヨボヨボのお婆さんだったために、2000歳くらいかなと思っていたのだが、実際は90歳であった。15年ぶりに会ったものの、変わったところはなく、まだまだ元気に動き回って…

ただの15年ぶりに行ってくるぞ!の話。

週末から5日間ほど秋田のお婆ちゃんの家に行くことになった。 高校生のときに行ったきりなので、およそ15年ぶりの訪問である。思えばお婆ちゃんは俺が生まれたときには、既にヨボヨボのお婆ちゃんだったのだが、あれから30年余り・・・今では、もはや何歳な…

ただの「よつばと!」に込められた意味の話。

友人から「よつばと!」のトートバックを貰った。 何やら5月だか6月だかに池袋のサンシャインで開催されていた「ダンボー写真展」というものに行ったときのお土産のようである。 ちなみに「ダンボー」というのは「よつばと!」の漫画内に出てくる人気キャラ…

ただのzozoスーツが使い物にならない話。

zozoスーツが届いた。 zozoスーツとは、剛力彩芽さんといちゃいちゃ自慢をしているけど、「うーん、そこまでうらやましくないかな!」でお馴染みの前澤社長率いるzozoが開発した特殊なスーツのことである。 もはや有名すぎて今更スーツの説明の必要はないと…

ただのダメ人間から生まれ変わろうの話

無印良品でお馴染みの「体にフィットするソファ」を購入した。 風の噂では、このクッション型のソファに座るとあまりにも座り心地が良いために、まったく動けなくなり、次第に怠けだすそうだ。 そんなこともあって、いつしかこの「体にフィットするソファ」…

ただのつば九郎と心が通じる男の話

この前、プロ野球交流戦「西武ライオンズvsヤクルトスワローズ」の試合を見てきた。 プロ野球を見るには、それなりのお金を払いチケット買わなければいけないのだが、俺のような年収250万円もの大金を稼ぎ出すような大富豪男ともなると、無料のチケットを渡…

ただの”ゆるキャラグランプリ”で注目すべきキャラ達を紹介しようの話

いよいよ、5月から「ゆるキャラグランプリ2018」のエントリーが始まることをご存じだろうか。 「ゆるキャラグランプリ」とは、その年の”ゆるキャラ界のチャンピオン”を決めるために、最後の一匹になるまで、ゆるキャラ同士がひたすら殺しあうという非常に血…

ただの因縁のある”あいつ”と和解をしましたの話。

今日はメルカリで購入した商品が届いた。 俺と”メルカリ”との深い関係性を知っている方ならば「takaさんがメルカリで購入を!」と顎が外れるほど驚いていることだと思う。 そうである、俺と”メルカリ”の関係性はかなり悪いのだ。 以前、”メルカリ”とは「5万…

ただの”福田淳一”から考える男の性欲の話。

最近、ニュース番組をつけると”福田淳一”のセクハラ報道ばかりやっている。 何やら女性記者に対して「胸触っていい?」「手、縛っていい?」とセクハラ発言をしたようだ。一般人であるのならば、ここまで取り上げられないのだろうが、問題は当人が”財務官僚”…

ただの”猫”に込められた意味を考えようの話。

普段、レシートをもらったりチラシをもらったりすると、いつもバックの中にそのまま突っ込んでしまうため、俺のバックの中身は常にグチャグチャである。 さすがに一度整理をしないと、バックなのかゴミ箱なのかわからない状態になってきたため中身をすべて出…

ただの「ボタニカル」を使って女性からモテる方法の話。

CMやオシャレ雑誌などで「ボタニカル」という言葉をよく目にする。 近頃では、外を歩けば女性達が「うちの彼氏がボタニカってる」「まじボタニカられたわ」「今晩、渋谷でボタニカだから」などと、まるで口癖のように”ボタニカル”という言葉を使っている。 …

ただの俺のスーツ姿があの人にそっくりだの話。

今日は、久しぶりにスーツを着た。 「いつもオシャレでジェントルメンなtakaさんは、寝間着すらもスーツだろう」そう勘違いをしている女性の方もいることだと思うが、驚くことにスーツとはまったく無縁の生活である。 仕事は私服通勤、私服勤務のところでし…

ただの大企業のトイレに潜む罠を教えようの話。

今日は用事があり、とある大企業に行ってきた。 俺は大企業というものが苦手だ。勤めている人達が皆、頭の良さそうなエリートに見えるため劣等感に苛まられるからである。 「なんつーか、俺にはここの風は合わないわ」 そう格好をつけるのが精一杯であった。…

ただの「松屋で働かないと命がないぞ」の話。

今日は、「松屋」で定食を食べた。 「松屋」はいつ何時お店に行っても店員がセカセカと忙しそうにしている。 もちろん松屋といえば人気店であるし、忙しいのはわかる、わかるのだが、むしろ誰が見ても忙しいとわかる仕事に、なぜ彼ら(彼女ら)はあえて就いた…